1月, 2020 | そう備忘録

月別アーカイブ: 1月 2020

IoT/AI監視カメラ 今回の記事の範囲 0

RaspberryPi 3 Model B+でIoT監視カメラをつくる(その7 カメラのAI化)

RaspberryPi 3 B+(ラズパイ)とカメラモジュール、モーションセンサーで動きがある時だけ録画する監視カメラを作成した時の備忘録の7回目。IoT監視カメラにAI機能を盛り込んでObject Detection(物体検出)された時だけ画像をLINEに添付して通知をするようにした。

puTTYで接続される 1

sshを公開鍵暗号方式にする

ラズパイ(Raspbian)のssh接続をパスワード方式から公開暗号化方式に変更してセキュリティを高めた時の備忘録。puTTYgenのバージョンの関係でssh-keygenで生成されたキーが変換出来なかったりしたので誰かの参考になればと思い記事にした。

sshポートフォワードによる遠隔操作 0

ラズパイZEROとモーションセンサーで見守りシステムをつくる(その5 プログラムを動作させるまで)

RaspberryPi Zero WH(ラズパイゼロ)とモーションセンサーで室内の動きをLINEに通知する実家の見守りシステムを製作した時の備忘録の5回目。今回はプログラムの自動起動やsshによる遠隔操作など環境設定に関する記事。systemdによる自動起動やsshのポートフォワーディング

0

ラズパイZEROとモーションセンサーで見守りシステムをつくる(その4 プログラミング)

RaspberryPi Zero WH(ラズパイゼロ)とモーションセンサーで室内の動きをLINEに通知する実家の見守りシステムを製作した時の備忘録の4回目。今回はPythonでのプログラミングに関する記事。Dailyレポートや指定した時間帯で検知件数がゼロの時に通知するロジックについて説明している。

IoT CoreとDynamoDB 0

ラズパイZEROとモーションセンサーで見守りシステムをつくる(その3 AWS IoT Core等の設定)

RaspberryPi Zero WH(ラズパイゼロ)とモーションセンサーで実家の見守りシステムを製作した時の備忘録の3回目。モーションセンサーで動きを検知して検知件数をLINEで送信する仕組み。今回はAWS IoT Core、DynamoDBとIoT Coreのルール設定に関する記事

今回の記事の範囲 0

ラズパイZEROとモーションセンサーで見守りシステムをつくる(その2 事前設定編)

RaspberryPi Zero WH(ラズパイゼロ)とモーションセンサーで実家の見守りシステムを製作した時の備忘録の2回目。モーションセンサーで動きを検知して検知件数をLINEで送信する仕組み。今回はGoogeスプレッドシートとLINE Notifyの設定、ラズパイにインストールするモジュールに関する記事

接続写真 2

ラズパイZEROとモーションセンサーで見守りシステムをつくる(その1 全体構成とハードウェア編)

RaspberryPi Zero WH(ラズパイゼロ)とモーションセンサーで実家の見守りシステムを製作した時の備忘録の1回目。モーションセンサーで動きを検知して検知件数をLINEで送信する仕組み。初回は要件と全体の構成図、ハードウェアについて記事とした。