そう備忘録 note to self
0

Spyderが起動しなくなった時に試した、幾つかの対処方法を記録しておく

Spyderが起動しなくなってしまったのでロックフォルダーの削除やリセットを試した時の備忘録。

先日、何かの拍子に Spyder が起動しなくなってしまった。厳密言えば起動しようとしてスプラッシュウィンドウまでは表示されるのだが、その先の Spyder の統合開発環境のウィンドウが現れない。

0

ラズパイカメラでモーションセンサーを使わずに動きがあった時だけ撮影する

Raspberry Pi 4Bとカメラモジュールで通行者を撮像して画像を保存するカメラを作成した時の備忘録。24時間365日、常に撮影をするのでは無く、カメラの前で何らかの動きがあった時だけ撮像をする仕様とした。また今回のプログラムは動画の撮影は行わず、JPG画像をGoogle Driveに保存する仕様とする。

0

cuDNN 8.2.2のダウンロードとインストール

cuDNN Ver 8.2.2.26 をダウンロード&設定した時の備忘録。cuDNNはDNN(Deep Neural Network)用の GPU アクセラレーションライブラリー(高速に GPU を使用する為のライブラリー)だ。NVIDIA Developerに登録すると最新バージョンをダウンロードすることが出来る

0

いつの間にかSpotifyのプレイヤーからアレクサのデバイスを指定して再生できるようになっていた

パソコンのブラウザからSpotifyのWEBプレイヤーを見ていたら WEBプレイヤーからアレクサのデバイスを指定して再生させる機能を見つけたので記事として残しておく。またブラウザだけでは無く、スマートフォンのアプリからも同様にアレクサのデバイスを指定して再生できることを確認した。

0

TensorFlowのインストールと最新版へのバージョンアップ(バージョン指定など)

Windows パソコンにインストールしていた TensorFlow のバージョンが Ver 2.3 だったので Ver 2.6 にアップデートした時の備忘録。その他に特定のバージョン指定でのバージョンアップやまっさらな状態からのインストールコマンドについて紹介している。

0

CUDA Toolkit のインストール(Ver 10.0 → 11.4)

CUDA(Compute Unified Device Architecture)はNVIDIAが開発・提供している高性能のGPUアクセラレーションアプリケーションを作成するための開発環境の事。自分は既にVer 10.0をインストールしていたのだがVer 11.4 をインストールしたので備忘録として記事にしておく。

0

RaspberryPi 3 Model B+でIoT監視カメラをつくる(その9 物体検知時のスコアとボックスの表示)

ラズパイとカメラとモーションセンサーで動きがあった時だけ録画するAI/IoT監視カメラを作成した時の記事

検知した物体の検知スコアをLINEに表示するようにした、Deep Learningでの誤検知(葉っぱの影を人と誤検知など)を減らす工夫をした、物体検知した場所をバウンディングボックスで囲むの修正を行った。

0

PyDotPlusとGraphvizのインストール(Windows10、Python環境)

Windows 10、Python 3.8.5の環境にPyDotPlusとGraphvizをインストールした時の備忘録。Graphviz は DOT言語で記述されたグラフ構造を描画オープンソースのツールだ。pythonから使用する為には DOT言語で出力する必要があるので PyDot とセットでインストールした。