M5Stack-ESP32-Arduino | そう備忘録

カテゴリー: M5Stack-ESP32-Arduino

M5Stackに関する記事

0

焦電型赤外線センサー(EKMC1603111)をESP32とラズパイ+カメラで試してみた

パナソニックの焦電型赤外線センサーを ESP-WROOM-32 と ラズパイで試してみた時の備忘録。ラズパイはカメラを接続して動きがあった時だけ録画するプログラムを作成してみた。焦電型赤外線とは人体や動物などから発する熱(赤外線)の変化を検知してモーションセンサーとして使用することができる。

0

OLEDディスプレイにCo2濃度の測定結果を表示する(ESP32)

0.96インチの正方形のOLEDディスプレイを手に入れたのでESP32-WROOM-32に接続してCo2センサー(MH-Z19C)の測定結果をディスプレイに表示した。ESP32モジュールとの接続はI2C。ディスプレイコントローラーはAdafruitのSSD1306を使用した。5V、3V3の両方で表示ができた。

0

ESP32でCo2センサー(MH-Z19C)で二酸化炭素の濃度を測定する。

ESP32-WROOM-32 にて Co2センサー(MH-Z19C)を使って空気中の二酸化炭素の濃度を測定して、その結果を I2C 接続した LCD(液晶ディスプレイ)に表示した時の備忘録。室内で換気をしないと、どの様に二酸化炭素濃度が上昇してゆくのを測定したくて試してみた。

0

Log4jの脆弱性対応でArduino IDEを2.0をインストールしてみた

Arduino IDE は内部で Log4j を使用しており、Log4Shell 脆弱性の影響を受ける。そのため、v1.8.18 にバージョンアップをしたのだが新たな脆弱性が見つかったので、この機会に Java を使用していない v2.0 にバージョンアップを行った。

ESP32モジュール 0

ESP32でSPIFFSを使ってスケッチからファイルを読み書きしてみる

ESP32-WROOM-32 にてファイルを保存してスケッチプログラムから読み込みたい事があった。調べてみると SPIFFS(SPI Flash File System)が使えそうだったので試した時の備忘録。保存したファイルは ESP32 のフラッシュメモリのユーザ領域に保存される。

0

Arduino IDEのフォントを変更した件

Arduino や ESP32 の開発環境の Arduino IDE のフォントをデフォルトから変更した時の備忘録。preferences.txtのeditor.fontエントリーを変更することでフォントとサイズを変更する事ができる。

0

Arduino IDEをダークモードにする方法

ESP32 や Arduino の統合開発環境の Arduino IDE をダークモードに変更したときの備忘録。ダークテーマをダウンロードしてテーマファイルを入れ替えればテーマを変更する事ができる。更にtheme.txtを編集して自分の好みのカラーに修正した。