車整備 | そう備忘録

カテゴリー: 車整備

車の整備関係の記事

0

走行距離が10万kmをこえてきたのdホンダフィット・ハイブリッドの点火プラグを交換した件

ホンダフィット・ハイブリッドの走行距離が10万kmを超えてきたので点火プラグの交換を行った。 交換自体はそれ程難易度は高くなかったのだがプラグソケットが14mmと自分が持っているソケット(16mm)より小さいので注意が必要だった。デンソー イリジウムタフプラグ V9110-5659 VFXEHC22Gを購入した。

0

ホンダフィット・ハイブリッドのエアフィルター(エアエレメント)を交換した件

エアフィルターはエンジンルーム内に設置するフィルターで外の汚れた空気(ダスト、花粉、砂など)をフィルターを通してきれいな空気にして燃焼室に送り込む為の装置だ。
先日の点検でエアフィルターが汚れているとの指摘を受けたので交換することにした。
作業自体は工具も不要で簡単だったが記録として記事にしておくことにした。

0

ホンダフィット・ハイブリッドのエアコンのフィルターを交換した

ちょっと紛らわしいのだがエアフィルターでは無くてエアコンのフィルターだ。放置をしておくとエアコンのスイッチを入れた際に車内にカビ臭い臭いが充満してしまう事になる。
エアコンのフィルターは助手席のグローブボックスの内側にあるのだが数年間交換をしていなかったので今回好感を行った。

0

デリカD5の点火プラグをNGK(日本特殊陶業)のBKR5ERX-11Pに交換した

車はデリカD5。前回の交換から随分と時間が経ってしまったので点火プラグもかなりカーボンが付着して汚れてしまっていた。すぐ分かるようなエンジンの不調は特に感じなかったのだが、もうしばらく乗り続けたいので交換することにした。プラグはちょっと高目だったのだがNGK(日本特殊陶業)のBKR5ERX-11Pを購入した。

エアエレメントの比較 0

デリカD5のエアエレメント(エアフィルター)を交換した時の記録

デリカD5のエアエレメント(エアフィルター)の交換の目安は2年または2~3万キロの走行で交換とあった。それにプラスして3千キロ毎に圧縮空気吹付けでの清掃が有効とあった。

今回は清掃もせずに5万キロは走ってしまっていたのでちょっと反省してエアエレメントを交換する事にした。

補足する 0

車載の発炎筒の有効期限が切れていたのでLED非常用信号灯に交換した

今更ながらの車載の発炎筒(煙と炎が出るタイプ)に有効期限(約4年)がある事に気がついた。新しい発煙筒は信号灯に変更した。特徴は、「発煙筒の代わりに車載できる」「電池交換すれば壊れなければ何度でも使い続ける事ができる」「連続使用で20時間使える」「炎が出ないので安全」「価格は発炎筒より多少高い」などがある。

0

デリカD5のポジションランプ(スモールライト)を交換した

デリカD5のポジションランプの右側だけが点灯時の光が弱くなってきた。元々付いていた標準品を何年か前に球切れでLEDに交換したのが、どうやらそのLEDも駄目になってしまったのかも知れない。試しに左側と交換してみた所きちんと光ったのでハーネスや本体側の異常ではなくLEDライトの問題と判断して交換することにした。