ラズパイで温湿度を測定(DHT11) | そう備忘録

ラズパイで温湿度を測定(DHT11)

souichirou

やった事を忘れない為の備忘録 同じような事をやりたい人の参考になればと思ってブログにしてます。 主にレゴ、AWS(Amazon Web Services)、WordPress、RaspberryPiに関するブログを書いています。 仕事では工場に協働ロボットの導入やIoT化などをやっています。 2019年7月にJDLA(一般社団法人 日本デイープラーニング協会)Deep Learning for GENERALに合格しました。 質問は記事一番下にあるコメントか質問フォーラムにお願いします。

おすすめ

3件のフィードバック

  1. ゆーじ より:

    最近、ラズパイを始めた者です。わたしは、元機械エンジニアなので、電気はおろかPCプログラムについて知識が乏しいです。それでも、本ページを参考にさせて頂いて、温湿度の表示が出せました。ありがとうございます。プログラムのコマンドの使い方も分からないのに、ちゃんとPCを動かせたので、うれしくなりました。これからも参考にさせて頂きたいと思います。
    今回分かった事は、DHT11センサーを使うのに、事前にdht11.pyのプログラムをPC内に入れておかないと使えない、という事が分かりました。
    それまでは、PCが3番ピンのsiganl bus?の信号を勝手に読んでくれるのだと、思っていました。
    また、恐らくそうなんだろうな、と思っているのが、dht11.pyのプログラムが、モニタへの表示させる動作もやってくれているんだろうな、と思っています。
    まだまだ、プログラムのことはよくわかりませんが、PCが思った通りに動作してくれるとうれしいですね。
    将来的には、クラウドサーバーみたいなところにデータを集約させて、どこからでもデータを見れるようになりたいと思っています。
    ありがとうございました。

    • souichirou より:

      ゆーじさん
      コメントありがとうございます。
      また温湿度の表示が出来たとの事、良かったですね。
      プログラムの動作について補足しますね。

      おっしゃる通りピンの信号をラズパイで読んでいるのですが信号はこちらのデータシート
      (http://akizukidenshi.com/download/ds/aosong/DHT11_20180119.pdf)の6ページ目以降の
      のフォーマットの信号を元に数値に変換する必要があります。
      このデータシートのロジックを自分でコーディングしても良いのですが既に先人の方が
      dht11.pyというモジュールをgithubに用意してくれていたので、ありがたく使わせて
      もらったという事です。
      自分のプログラムから既に用意してもらったモジュール(プログラム)を11行目で読み込み(インポート)しています。
      from DHT11_Python import dht11 # 温湿度センサーモジュール

      ちなみにモニターへの表示は自分のプログラムの中でやっています。
      記事中のソースコードの40行目の
      print(“温度 = “, temp, ” 湿度 = “, hum, “%”)
      がモニターへの表示のコーディングです。

      プログラミングを楽しんで下さい。

  1. 2020年8月13日

    […] 温湿度センサーはDHT11を使っています。KKHMF DHT11 湿度センサーモジュール 温度センサーが安価です。コードはラズパイで温湿度を測定(DHT11) | そう備忘録を参考にさせてもらいました。 […]

質問やコメントや励ましの言葉などを残す

メールアドレスが公開されることはありません。