M5StickCとラズパイ4とのBLE(Bluetooth Low Energy)通信を試してみた。 | そう備忘録

M5StickCとラズパイ4とのBLE(Bluetooth Low Energy)通信を試してみた。

souichirou

やった事を忘れない為の備忘録 同じような事をやりたい人の参考になればと思ってブログにしてます。 主にレゴ、AWS(Amazon Web Services)、WordPress、RaspberryPiに関するブログを書いています。 仕事では工場に協働ロボットの導入やIoT化などをやっています。 2019年7月にJDLA(一般社団法人 日本デイープラーニング協会)Deep Learning for GENERALに合格しました。 質問は記事一番下にあるコメントか質問フォーラムにお願いします。

おすすめ

5件のフィードバック

  1. A Reader from China より:

    nice work, decent blog.

  2. fumi より:

    いつも楽しく拝見させていただいています。今回、souichirouさんの記事で、工場の各工程にM5STACKとBME280センサーとダストセンサーを置いて、1台のラズパイでpygameでモニター表示させようと試行錯誤しております。そこで、質問なのですが、見通しの良いところは確かにBLE通信できております。少し障害物などがあるとBLE通信が届かなく、困っています。なので、M5STACKとラズパイの間にもう一台M5STACKを入れて、ゲートウェイとして通信を安定させたいと思いますが、追加のM5STACKに送受信するコードが分かりません。教えて頂けないでしょうか?よろしくお願いいたします。

    • souichirou より:

      fumi さん
      コメントありがとうございます。
      M5Stackをゲートウェイとして使った事は無いのでやってみないと分からない所ですが、
      以下のサイトのコードが参考になるかも知れません。
      https://ambidata.io/samples/m5stack/ble_gw/

      リンク先のコードはM5Stackでスキャンした後、データが見つかった際に(23~28行目)ambientで送信していますが
      ここで再びアドバタイジングするコードになるかと思います。
      上手くいくかどうかはちょっと分かりません。
      ラズパイをもう一台購入してBLEを受信できる位置に設置する方が確実かも知れません。

      • fumi より:

        早々な対応をありがとうございます。
        ゲートウェイのコードの件、何となくイメージが出来ましたので、早速試してみたいと思います。
        また、成功・失敗がありましたら、御報告させていただこうかなと思います。
        pythonやC++等、全くのド素人だった私は、souichirouさんの記事を元に、見よう見まねで少しは
        出来るようになりました。本当に感謝いたします。
        このBLEが成功すれば、この先はシグナルタワーの光源を取得して、CSV・グラフ表示したいと思って
        おります。また、今後とも御教示願います。

質問やコメントや励ましの言葉などを残す

名前、メール、サイト欄は任意です。
またメールアドレスは公開されません。